ゴルフの練習だけではない

充実したサービス内容

ゴルフをする人

ゴルフの練習がしたいと思った時に、いつでも通うことができるのが24時間営業のゴルフ練習場です。
24時間営業なので、自分の好きな時間にゴルフの練習をすることができます。
この24時間営業のゴルフ練習場のサービスがとても充実しています。
従来のシニア割引やレディース割引に加え、24時間営業ならではの早朝、深夜割引があります。
明日仕事が休みのサラリーマンの方にこの深夜割引が人気です。
お得にゴルフの練習をすることができます。
また、シューズやクラブのレンタルをすることも可能です。
荷物があまり必要ではなく手軽に通うことができます。
冷暖房もきちんと設置されています。
空調が良い状態で集中してストレスもなくゴルフ練習に励めます。
そして、インストラクターによるレッスンを受けることができるサービスもあります。
無料で行っているゴルフ練習場もあるので、自分のスイングフォームが気になる方は気軽にレッスンを受けてみましょう。
ゴルフメーカーやショップと連携しているゴルフ練習場では、新商品のゴルフクラブを試打できることがあります。
販売もしていて、気に入った際にはそのまま購入することも可能です。
また、充実しているのはゴルフのサービスだけではないのです。
ゴルフ練習場にレストランやカフェが併設されており休憩に食事をすることができます。
ドリンクサービスやアイスの無料配布など多くのサービスがあります。
他にもロッカールームやシャワールームも設備されています。
練習終わりにはシャワーで汗を流し、スッキリとした状態で帰ることができます。

シミュレーターで分析

ゴルフをする人

最近は東京をはじめ日本各地の都心部に、インドアゴルフ練習場ができています。
会社から帰宅する中通いやすく、インドアゴルフ練習場には多くの利用者がいます。
東京でもそうですが、インドアゴルフ場は商業ビル等で営業ををしている場合が多いです。
インドアゴルフ場内には、ゴルフシミュレーターが設置されており、実践さながらの臨場感の味わいながら練習に励めます。
インドアゴルフ場は個人で練習をすることもできますが、ゴルフレッスンを受けられるコースも用意されているのが良いところです。
少人数のグループレッスンとマンツーマンのレッスンがあり、それぞれゴルフのレッスンプロが付き指導が受けられます。
ゴルフレッスンでは、シミュレーターを使ってその人のスイングの癖を掴みます。
そして解析ソフトでゴルフスイングを分析し自分の弱点を理解していくという流れです。
この分析をもとにトレーニングメニューが決定されて練習していくことになります。
最初からすべての欠点を修正をしていくのではなく、その人のレベルや習熟度に合わせて、一つ一つ改善をしていきます。
また、練習に使用するゴルフクラブやグローブ等はすべてレンタル品が用意されているので、手ぶらでゴルフレッスンに臨めるのも特徴です。
レッスンのコースはビギナークラスが用意されており、初心者の方でも通いやすくなっています。
ゴルフレッスンを受けたいという方は、東京にもたくさんのゴルフ練習場があるので、会社帰りに通いやすいインドアゴルフ練習場を見つけられるはずです。
東京のみなさんも、インドアゴルフ練習場のゴルフレッスンで腕を磨いてはいかがでしょうか。

祝儀で100万円の出費も

ゴルファー

ゴルフには他のスポーツに見られない慣習がいくつもあります。
その一つがホールインワンやアルバトロスを達成したときの祝儀です。
滅多に観られない出来事を皆でお祝いしようというもので、その費用は達成したプレイヤーが負担することになります。
祝儀の内容は記念品贈呈や祝賀会、さらには記念植樹やキャディーへのご祝儀など、多岐にわたります。
そのため、ホールインワンの祝儀の費用は、規模にもよりますが100万円を超すときもあるのです。
いきなり100万円を出せと言われても、そう簡単に出せるものではありません。
そのため、ゴルフをプレイするときはホールインワン保険に加入するのが一般的です。
これに加入しておけば、もしもホールインワンを達成して祝儀を行っても、懐を傷めずに済むのです。
ただ、多くのプレイヤーはホールインワン保険のみに加入することは少なく、ゴルフ保険に加入するケースがほとんどです。
ゴルフ保険とはゴルフのプレイ中の怪我や窃盗などに対して補償してくれるもので、多くの場合、ホールインワン保険も含まれています。
もちろん、各社のゴルフ保険やその特約などで詳細は異なってきます。
ホールインワンはプロゴルファーでも出すのは難しいものの、アマゴルファーでも偶然に出してしまいます。
ある意味で運次第が大きく関わるプレイなのです。
だからこそ、「ゴルフ初心者だから大丈夫」と油断せず、ホールインワン保険に加入しておいた方が良いでしょう。